HOME概要AYSA便り例会ニュース賛助会員会員募集お問い合わせ
人材マッチングバンク周南おもちゃ病院周南少年少女発明クラブaisa幸せエンジェル結婚相手紹介サービス関係先リンク集

◆西部部会 セミナー・活動議事録

<< 西部部会トップへ戻る

第80回 平成29年7月27日(木)

林修氏は、今回のセミナー講師をお引受される機会に、ご自身の生まれ、育った益田市の郷土の歴史を語りたく、種々資料を収集、調査をされていました。その中で「長州藩永代家老 益田家の歴史」について、是非とも皆さんにも知って頂きたいとして本テーマを選ばれました。
 関ケ原の戦いに敗れた毛利家を支えて、益田家は、何故、江戸時代の長州200年の礎を築くことができたのか?「毛利家」の永代家老となったのでしょうか?また、禁門の変による敗者責任者として、筆頭家老の「益田 親施(ちかのぶ)」は、切腹、同時に、宇部を治めていた「福原 越後」他1人も、切腹をさせられています。しかし、明治維新後の益田家は福原家共々男爵を授けられ華族として列しました。
 今回の「テーマ」を機会に、往時の「宇部ヒストリー」についても、併せて思い起こすのも面白いと思います。なお本演題の副題は「西国の命脈を繋げたよそ者」です。

日時:平成29年7月27日(木)午後1:30〜3:30
場所:ヒストリア宇部 第1交流室 
講師:林  修(AYSA西部部会会員)
内容:長州藩永代家老 益田家のヒストリー〜「西国の命脈を繋げたよそもの」〜

第79回 平成29年5月25日(木)

講師の浅田氏は、地域の自治会役員として地域コミュニティの活性化に様々な取り組みをされています。
この取り組みの中で、日本が抱える今日的な課題や地域性による独自の現状などを把握され、今後の地域の独自性を活かした、コミュニティとはいかにあるべきか!を提言して頂きます。

日時:平成29年5月25日(木)午後1:30〜3:30 講演1時間、フリートーキング1時間 
場所:宇部市民活動センター「青空」2階会議室
講師:浅田 宏之(AYSA西部部会会員)
内容:「自治会が危ない!」  〜コミュニティ活動の現状と課題〜

第78回 平成29年3月23日(木)

講師の村野氏は、2年前から山口工業短大にて社会人学生として学生と一緒に学ばれています。今回も、昨年の3月に引続きセミナーの講師をお願いし、今年度の演題は、「現代の数学観」の授業を学ばれての学習終了の研究テーマとして「生活の中で役立っている数学」についてのプレゼンをされたことを改めて、AYSA西部部会にてご披露を頂きました。

日時:平成29年3月23日(木)午後1:30〜3:30 講演1時間、フリートーキング1時間 
場所:宇部市民活動センター「青空」2階会議室
講師:村野司郎(AYSA西部部会会員)
内容:「正規分布の話」

第77回 冬の特別セミナー 平成28年12月22日(木)

原子力国民会議九州支部支部長 泉館昭雄様のご紹介より「地層処分」についての講演会を企画することができました。この講演会は、原子力発電環境整備機構元理事の武田精悦先生を講師にお招きし、下記のテーマでご講演を頂きました。

日時:平成28年12月22日(木) 午後 2:00〜4:00
場所:ヒストリア宇部(旧宇部銀行) 2階 大交流室
内容:「高レベル放射性廃棄物地層処分を考える」

≪当日のプログラム≫
14:00〜主催者挨拶(AYSA西部部会)・式次第説明
14:05〜後援者挨拶(一般社団法人原子力国民会議九州支部 支部長 泉館 昭雄氏)
14:10〜講演 「高レベル放射性廃棄物地層処分を考える」 講師:武田精悦氏
15:10〜休憩   15:20〜質疑応答   15:50〜閉会の挨拶

第76回 H28年11月

日 時:H28.11.24(木) 14:00〜16:00                    
場 所:宇部市民活動センター2階会議室
出席者:林、江本、野田、浅田、下村、大段、宮崎、北見、長井(9名)津島、高橋(準会員)

話 題 「非営利株式会社 市民共同発電 うべ」について
〜あなたが創る うべの未来、エネルギーの未来〜
話題提供者 津島 榮 氏(うべ環境コミュニティー)
<内 容>  
コミュニティーパワーにて、持続が可能で、クリーンな自然エネルギーを電源とする発電を普及促進することを目的とする「発電事業」を運営する会社設立について、概要の説明
<感 想>
現在、宇部市では市民と共同して自然エネルギーを事業として取り組んでいる団体はなく、初今回初めての事例として、津島氏を運営管理者とした「非営利株式会社 市民協働発電 うべ」を設立し、その事業スキームについて説明を頂く。会社の概要、設立の目的、事業内容、(ハード事業、ソフト事業)当面の課題など説明を受け、会委員との意見交換を行う。
当面の課題では、1.収益性の高い事業案件の獲得、2.資金調達等あり、特に資金調達では、その分野の専門家の導入を必要としている。
又、今後は、資金調達で新株発行への申込を勧誘するには、市民の共同発電に対する意識(メリット、デメリット)づけ等、の情宣が必要であると感じた。

本件への津島氏の取組について、会員一同敬意を表した次第である。 
話題提供者の津島氏
セミナーの様子

第75回 秋の特別イベント 大川市家具業界の視察

日 時:H28.10.28(金) am7:00〜pm6:00                    
場 所:福岡県大川市
参加者:野田、浅田、大段、宮崎、北見、長井、以上AYSA会員6名、
(株)シンラテック近藤社長他3名(北見氏の紹介) 合計10名

AYSA西部部会の会員である大段氏が、10年以上継続して事業支援している大川市の家具業界の視察をこの春から企画し、以下の4社を訪問、改めて大川市の大川ブランドの家具業界の取組についての理解を深めた。

株式会社松田家具
>>見学の様子

第74回セミナー H28年9月

日 時:H28.9.29(木) 14:00〜16:00
場 所:宇部市民活動センター2階会議室
出席者:林、江本、野田、浅田、下村、大段、宮本、宮崎、澤野(防府)、原(準会員) (10名)

演題 「マイナス金利と私の生活防衛策」
講師  宮ア 修五氏(AYSA西部部会会員)
内容  マイナス金利とは何者!利息収入ゼロの時代、ささやかな“こずかい” 稼ぎの具体的投資行
(感想)
マイナス金利の仕組みやマイナス金利によって我々シニアにどのようは影響が出てくるのか
そして、大きな資産を抱えるシニアにとって、今の運用難を乗り切るにはどうしたらよいのか
個々に、シニアの知恵で克服するも、その中で新しい投資手法を見つけるのも大事ではないか
中々、投資に対しては一歩を踏み出せないことに対し、投資とはそんなに遠くあるものではなく
もっと、身近に感じて、シニアの知恵のなかで、ゲーム感覚で取り組んだら面白いのではないか
その中で、少しでもこずかい稼ぎをして、食事や旅行を楽しむ資金を捻出することも楽しいこと
「シニア、もっと投資して遊び感覚でこずかい稼いで楽しく遊ぼう!」

講師の宮崎修五会員
セミナーの様子

H28年7月度西部部会 報告

日 時:H28.7.28(木) 14:00〜16:00                    
場 所:宇部市民活動センター2階会議室
出席者:林、江本、野田、長井、宮ア、浅田、下村、大段、 津島(市民)、高橋(市民)、
小林(山口県農林事務所)、松村(グリーンハウス)藤本弁理士(講師)(13名)
(欠連絡:村野、北見、伊藤、林知則、宮本、金子)

(1)第73回セミナー

演題:「知的財産業務の“ワクワク感”」
講師:藤本 昌平氏(藤本国際特許事務所 所長 弁理士)
内容:知的財産業務について、藤本弁理士がこれまで経験されてきた“ワクワク感”について、「いつ」「どんなことで」「どんな状況で」等、それ中での「つらさ」を乗り越えたときの爽快感をお話し頂きました。

(感想)

 藤本弁理士は、現在山口大学知的財産部門でのお仕事をされており、大学における発明発掘・技術移転には“ワクワク感”が一杯ある!と、ただし「つらいことも・・・」?ここを乗り越えることで“ワクワク感”につながる。?乗り越えるには?いろいろ工夫し、成長することで“ワクワク感”!
藤本弁理士は、まだ42歳と若く、今後、知的財産について、幅広く学習・経験され大きく飛躍されることを願う講演であった。(今後、AYSAでのネットワークとの関係を深めることも必要となるのでは)

講師の藤本弁理士
講師の藤本弁理士
セミナーの様子

AYSA西部部会 総会&交流会

日 時:H28.6.23(木)14:30〜20:00                    
場 所:ANAクラウンプラザホテル レストラン「敦煌」
出席者:松永(AYSA本部事務局長)、
下村、大段、宮本、野田、長井、林修、浅田、北見、宮ア、村野(11名)
(欠連絡:江本、伊藤、金子、林知則)
内 容 :1.AYSA本部 松永事務局長からご挨拶とAYSA本部の活動状況についてのご報告
  2.西部部会事務局宮崎から平成27年度活動報告と28年度活動計画について
   3.交流会

会員同志で論壇を楽しみ、今年度の活動活性化に更なる活力を生む!

H28年5月度西部部会

日 時:H28.5.26(木) 14:00〜16:00                    
場 所:宇部市民活動センター2階会議室
出席者:林、江本、野田、長井、北見、宮ア、浅田、下村、大段、立野、藤本弁理士(次回セミナー講師)(11名)(欠連絡:上條、村野、木村、潮村、高柳、伊藤、林知則、宮本)

内容 

(1)第72回セミナー

演題:「サラリーマン奮闘記」
講師:立野 宏樹氏(AYSA西部部会会員)
内容:立野氏が経験されたお仕事の中で、セメントプラントの海外輸出について「仕事の流れ」を学ぶと共に、サラリーマンとしての「生き様」を具体的な事例で説明

(感想)

立野氏の経験されたお仕事の中で特に「セメントプラントの海外輸出」に関して、まず「仕事の流れ」についてのご説明で、様々なプロセスを経て最終の資金回収までに至ることが理解できた。そのプロセスの中で、対顧客との交渉や新興国の地政学的なリスクへの対応などを、立野氏が経験された具体的な事例『受注活動(タイ、UAE,韓国)、クレーム処理(サウジアラビア、パキスタン、日本)、救出活動(チリー、アルジェリア)』のお話をして頂いた。
プラント輸出は、長期にわたる業務であることからくる、様々な環境の変化や関係者が絡むことでの難しい調整には、大変ご苦労されたことの由、その中で結果を残さなければならない「サラリーマンの宿命・覚悟」のようなものを感じ取ることができた。立野氏にとって、このご苦労は決して無駄な事ではなく、「その後の人生の糧・宝物」として、大切に又大いに役立っているのでは、と!
参加している会員の皆さんも、海外でお仕事をされた方も多く、夫々のご経験と重ね合わせて、往時を振り返りながら、活発な意見交換ができ、非常に興味深いセミナーであった。
改めて、会員一同、立野氏に感謝である。

講師の立野氏
講師の立野氏
セミナーの様子
セミナーの様子

H28年3月度西部部会(議事録)

日 時:H28.3.24(木) 14:00〜16:00                    
場 所:宇部市民活動センター「青空」第2会議室
出席者:林、下村、宮本、野田、大段、北見、宮崎、長井、江本、村野、伊原、宮ア(12名)
(欠連絡:上條、伊藤、金子、林知則、立野、)
内容 

1)第71回セミナー

講 師:  村野 司朗(AYSA西部部会会員)
テーマ:「マイコンボードArduinoの学習とクローラの試作研究」
内 容: @Arduino(マイコンシステム)の全体像を習得・習熟すること。
Aマイコン駆動の「クローラ(ブルドーザ)」を制作し、その理屈を考えること

(感想)

村野会員の、山口工業短期大学(防府市)情報メディア科での社会人学生としての2年間の学習成果を卒業論文として発表されたことで、この機会に、併せて、AYSA西部部会の会員の皆さんにも、社会人学生としての学ぶことの心構えや、今回のテーマについて、初めて学ぶ技術の習得から、その学んだ技術を応用して、実物を製作し、その理屈を考えたことについて講演を頂いた。更に、製作された「クローラ(ブルドーザ)」を動かす実演も実施され、学ばれた2年間の成果について村野氏自身にとって。非常に有益な学びの場となったこと等、のお話をお聞きし、会員一同、改めてシニアとしての「生涯学習」に取組むことへの、大いなる感動と刺激を受けた。

出席者の様子
出席者の様子
講師の村野会員
講師の村野会員

(2)その他

  1. 大川地区の家具工房や組子工房などの見学会アンケート結果
    (結論)実施時期 10月の第4木曜日 1日コース マイクロバスのレンタカー 費用の概算を試算
  2. 江本会員から、江本氏が参加している水曜会文集発行に関する話題提供、
    江本氏の寄稿文の紹介 及び今後水曜会との連携を図る(毎月第2土曜日午後1:30〜)
  3. 北見氏から、AYSA本部の理事会報告(会長に信田氏就任予定とのこと)
  4. 浅田氏から、来期以降の、山口県CCO+、及び山口大学との維新科学についての取組について
  5. 来期以降の確認事項 ⇒4月例会、5月セミナー、6月総会予定

第68回シニアセミナー 〜秋のイベント〜

日 時:H27.9.24(木)1400〜16:00                    
場 所:有限会社グリーンハウス、南高泊農業会館
出席者:下村、宮本、野田、長井、浅田、村野、林、江本、北見(AYSA西部部会9名)
他、澤野(AYSA防府)、津島(宇部小野湖の水を守る会)、小林(長門農林事務所主幹)
白石(有現会社コスモデザイン)、以上13名

イベント内容 

〜「おのだネギ三昧」の魅力について現地で見学・意見交換しましょう〜
ご好評頂きました今春の特別セミナー「野菜の魅力再発見」にて「パネルトーク」にご登壇頂きました有限会社グリーンハウス社長の松村正勝様のご厚意を頂き、機能野菜の生産現場をご案内して頂きました。

  1. 農業の六次産業化への取組の状況について現地視察とAYSA会員の様々な知識やノウハウの提供による意見交換の実施
  2. 若手の農業従事者の育成に寄与(いききとした農業生産活動の状況に感動)
  3. 「おのだネギ三昧」等、数種類の生産商品のブランド化への取組

H27年8月度西部部会(議事録)

日 時:H27.8.27(木)1400〜16:00                    
場 所:ヒストリア宇部 第交流室
出席者:宮本、野田、長井、宮ア、浅田、大段、村野(7名)

例会

  1. ボルネオ熱帯雨林再生プロジェクト訪問記 長井宏文(AYSA西部部会会員)
    今年、3月に約1週間ボルネオでの活動記録のビデオDVDを放映しながら
    現地の人たちとの植林や自然環境及び動物保護区の状況等について、長井氏自ら参加した活動についての説明を受ける。
    この活動は、N.GKS活動の一環として、NGO 緑の協力隊関西澤井隊第20次の活動記録である。
    森林破壊による地球温暖化やその他環境問題など、我々にとっても大きな課題であり長井氏の活動について皆さんからの称賛あり。
  2. その他、長井氏から、山口県での樹木医としての活動(現在メンテしている樹木等) について、自身で整理されているし写真などプロジェクターを使用し、紹介された。
    歴史のある、守られている樹木について、夫々の保護の維持をどのようにしていくか樹木医の大切さが理解できた。
  3. USQL-Nの活動
    ・学習支援活動 中学校1校 延べ5人(21時間)
  4. 山口大学科学維新の学習支援委について・・・・・浅田氏
  5. 話題提供・・・宮ア
    「戦後70年(談話)についての皆さんの思いを語ろう!」

※N.GKSの活動は、N.GKSで検索してください。(詳細が理解できます)

例会の様子

第67回シニアセミナー

日 時:日 時:H27.7.23(木)1400〜16:00                    
場 所:宇部市民活動センター2階会議室
演 題:熱と温度のお話
講 師:宮本 政英 (AYSA西部部会会員)
内 容:  
水銀体温計を初めて国産化した防府の柏木幸助、熱伝導や原子力発電の話等、熱に関わる身近な現象・話題を熱工学の立場から解説して頂きます。

  1. 国産初の水銀体温計を作った防府の柏木幸助
  2. 温度と熱の伝わり方
  3. 熱伝導と熱伝導率
  4. 対流熱伝導
  5. 原子力発電と伝熱

感 想:
■熱と温度について、パワーポイントを使用し、非常にわかりやすく解説して頂いた。
日頃、何気なく感じておる疑問点が、科学的な見地からの説明で、非常に明快となった。
■原子力発電の原理について、更に福島原発からの教訓、科学による失敗の法則等を 学んだ。
■日頃、科学的な見地から物事を判断しないものにとっては、非常に有意義なセミナーであった。
■会員以外からも1名の参加があった。


■平成27年度 AYSA西部部会総会&交流会

日 時:H27.6.25(木)14:30〜20:00                    
場 所:ANAクラウンプラザホテル レストラン「敦煌」
出席者:藤本会長、立野、江本、下村、大段、宮本、野田、長井、林修、浅田、北見、宮ア
(12名)(欠連絡:伊藤、木村、金子、高柳、上條、村野、潮村、林知則)
内容 
(1)平成26年度AYSA西部部会総会&交流会
@ AYSA本部 藤本会長からご挨拶と現状のAYSA本部の活動状況についてのご報告


  1. 西部部会事務局宮崎から平成25年度活動報告と26年度活動計画について

     

(参加者全員の集合写真)


3月18日(水) ヒストリア宇部にて 春の特別セミナーを開催いたしました

 JA山口宇部・(有)グリーンハウスとの共催、山口県美祢農林事務所、やまぐち6次産業化・農商工連携サポートセンターの後援を得て春の特別セミナーを開催いたしました。
野菜づくりの現場、栄養管理士、医療現場、福祉の現場から5名の専門家による協働開発支援体制のネットワーク形成等について、有意義なディスカッションがおこなわれました。
約100名の方にご参会いただき、熱気のある雰囲気のうち盛況理に終了いたしました。

 2015年3月19日(木) 宇部日報記事より

(←記事クリックで拡大表示します)

ページのトップへ